審査が通りやすいおまとめローンのメリットとデメリット【いくらまで借りれる?】

おまとめローンを使って複数の借金を一つにおまとめませんか?審査が通りやすいおまとめローンをお探しの方へ利用する際の流れや注意点を解説します。

審査が通りやすいおまとめローンはどれ?

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムには審査が通りやすいおまとめローンとして使える借換え専用ローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますが審査が通りやすいおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、審査が通りやすいおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、実質年利は7.7%〜18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンは総量規制の特例貸付を適用していますから、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融のおまとめはというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行よりも条件は悪いことになります。

しかし、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、審査が通りやすいおまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンを提供してる金融業者もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などはおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いので審査が通りやすいおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

銀行の審査が通りやすいおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融の場合、マイカーローンを審査が通りやすいおまとめローンにすることはできないかもしれません。

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

審査が通りやすいおまとめローンは複数の借入れを1本化できるので借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

メリットが多く効率的なおまとめローンなのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

審査が通りやすいおまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

月々の返済総額を下げたいという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで完済した業者から融資の勧誘電話がかかってくると、再び借り入れる誘惑に負けてしまうリスクもあります。

審査が通りやすいおまとめローンは多重債務者のための商品ですが借入件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

融資を受けている件数は3社で安全圏内、5社ではNGと言われていますがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから与信限度枠をしっかり計算して返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

複数の金融業者から借金をしていると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために複数の業者から借り入れることになったのでしょう。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、多くの金融機関で多重債務者は敬遠されがちですので借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなので積極的に利用することをおすすめします。

おまとめローンとは?メリットとデメリット

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新しい借入先を見つけ既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンはこれまでに借り入れていた金融機関の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは異なりますが厳密に区別されることはないようで借り換えローンという名前で審査が通りやすいおまとめローンを提供している金融機関もあります。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですが消費者金融、銀行どちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融で審査が通りやすいおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンで複数から借金していることが原因です。

しかし、審査が通りやすいおまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンという商品を扱っている金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

金融機関の金利や借入額を入力するだけで審査が通りやすいおまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

審査が通りやすいおまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が既に借り入れているローンを一括返済するために新たに借り入れるためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

でも、審査が通りやすいおまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

おまとめローン審査が難関な人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますがそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

おまとめローンを利用する機会は人生に1度あるかないかだと思いますので、利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、審査が通りやすいおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「審査が通りやすいおまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトであれば消費者金融と銀行の審査が通りやすいおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るポイントなど、初めて審査が通りやすいおまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミス審査が通りやすいおまとめローンというキャッシングローンがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが即日審査、最短即日融資は銀行の審査が通りやすいおまとめローンではなかなか真似ができません。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

審査が通りやすいおまとめローンを利用することで毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者から審査が通りやすいおまとめローンを借りるとしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

複数の金融業者から借金をしていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために何社からも借りなければならなかったのだと思います。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

でも、審査が通りやすいおまとめローンはそのような多重債務者を救済するための商品なのでまず、審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。


Copyright (C) 2014 審査が通りやすいおまとめローンのメリットとデメリット【いくらまで借りれる?】 All Rights Reserved.