ヘアカラー種類

ヘアカラーといっても、そこにはさまざまな種類があります。

カラーの種類だけで見ても簡単には把握できない程の量があることはわかりますが、実はヘアカラーの種類だけを見ても、かなりの量があるのです。

ヘアカラーを大きく分けると、染毛剤と染毛量の2種類になります。

染毛剤は医薬部外品で、染毛量は化粧品となっています。

この時点で何となく分け方がわかったという方もいることでしょう。

化粧品に分類されている染毛量には、手軽に使えるものが該当します。

ヘアマニキュアやカラーリンス、カラースプレーやヘアマスカラなどがこれに当てはまります。

半永久染毛か一時染毛かという違いがありますが、そこまで考える必要はありません。

それぞれがどれくらいの期間保つのかで考えれば、すぐにわかるはずです。

医薬部外品の方は、永久染毛剤や脱色剤などが該当します。

ちなみに医薬部外品は、医薬品と化粧品の中間的な分類のもので、人体に対する作用が緩やかなものです。

ただし人によっては影響が出ることもあるので、使用の際は注意が必要です。

永久染毛剤は、効果が長持ちするヘアカラーのことで、白髪染めやヘアダイなどがここに含まれます。

脱色剤として有名なものにはブリーチがあります。

ヘアカラーを使う上で、どれがどんな種類なのかは細かく覚える必要はありません。

ただし種類までは覚えなくても、自分が使っているもの、使おうとしているものはどのようなものなのかは把握しておきましょう。

最低限注意書きを読んでいれば把握できることなので、しっかり気をつけてください。