モーゲージ証券とは

モーゲージ証券、MBSとも呼ばれるこの商品は証券会社の名前ではなく、証券の一種です。

これは不動産ローンを証券化した証券のことです。

世界中に衝撃を与えたサブライムローンによる世界的な金融危機。

このサブプライムローンもモーゲージ証券の一種です。

つまり、住宅ローンが証券化され、金融商品として出回ることになります。

こう書くとまるで悪いことのように思えてしまいますが、効果的な資産運用の選択肢としての面も持っています。

システムとしては住宅ローンを貸し出した業者が証券を発行する業者にこの債権を売却することになります。

買い取った業者はこの債権をもとにモーゲージ証券を発行することになるのです。

最大のメリットはなんといっても高い利率と信用力です。

発行元は政府系機関や高い格付けをもっており、元本の支払保証などがされているなど安心して購入することができるようになっています。

また金利は固定金利と変動金利の2種類が存在しています。

とくにアメリカで広く活用されているシステムで、国債と並び金融商品として高い需要と市場規模を持っています。

そのためサブプライムショックの際にはモーゲージ証券市場の動揺、あるいは崩壊によって大きなダメージを受けたのでした。

このモーゲージ証券にはいくつかの種類があります。

おもなものとしてはもっとも一般的な住宅ローンを担保としているRMBS(住宅ローン債権担保証券)、オフィスビルなど商用目的の不動産ローンを担保としているCMBS(商業用不動産ローン担保証券)が挙げられます。