審査が通りやすいおまとめローンのメリットとデメリット【いくらまで借りれる?】

おまとめローンを使って複数の借金を一つにおまとめませんか?審査が通りやすいおまとめローンをお探しの方へ利用する際の流れや注意点を解説します。

多重債務を1本化できるおまとめローンは借入れ

多重債務を1本化できるおまとめローンは借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

審査が通りやすいおまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが借入件数が多いほど審査は不利になります。

月々の返済総額を下げたいという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで解約した業者から融資のお誘いを受けると、又、借りたいという誘惑に負けてしまう可能性があります。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、わざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

審査が通りやすいおまとめローンは複数のからの融資を1本化することで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組むことになったとしても元本は減りませんから毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済総額は、審査が通りやすいおまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行の審査が通りやすいおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とは借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

借換え専用ローンは融資上限が300万円と通常よりも低めですが借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

埼玉りそな銀行には審査が通りやすいおまとめローン専用のサービスはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

限度額は300万円までですが、金利は6.5%から14.0%に設定されていて最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

審査が通りやすいおまとめローンの手続きをテンポよく進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融で審査が通りやすいおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですので審査が通りやすいおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

銀行には審査が通りやすいおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制がありませんので追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

審査が通りやすいおまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンという商品を扱っている金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

現在の借金額や金利を入力するだけで審査が通りやすいおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行の審査が通りやすいおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

ですから、審査が通りやすいおまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

おまとめローンの審査が何度も不合格な人は通らない理由を自己分析する必要があります。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

勤務先や勤続年数は返済の安定度や確実性の判断材料となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

Copyright (C) 2014 審査が通りやすいおまとめローンのメリットとデメリット【いくらまで借りれる?】 All Rights Reserved.