審査が通りやすいおまとめローンのメリットとデメリット【いくらまで借りれる?】

おまとめローンを使って複数の借金を一つにおまとめませんか?審査が通りやすいおまとめローンをお探しの方へ利用する際の流れや注意点を解説します。

おまとめローン審査が難関な人は通

おまとめローン審査が難関な人は通らない理由を自己分析する必要があります。

一般的には、ローン審査には「スコアリング審査」と「個人信用情報」の2方向からの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3までが借入総額の限度です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローン利用者は多重債務者なので過去に返済の遅延が常習の人は審査落ちする確率は高いです。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めた審査が通りやすいおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは、マイカーローンの返済に使えない可能性があります。

と言うのも、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れて組んだマイカーローンは利用対象外ということなのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですがショッピング枠であれば利用することはできません。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必ず必要となる書類として本人確認書類というものがあり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

借入残高を証明する書類については審査が通りやすいおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

おまとめローンとは何件もの金融業者から借金をしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

審査が通りやすいおまとめローンを提供してる金融業者もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

複数の金融業者から借り入れがあると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、審査が通りやすいおまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなのでまず、審査を受けることをおすすめします。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

おまとめローンは頻繁に利用するものではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類などは各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「審査が通りやすいおまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いので審査が通りやすいおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

審査が通りやすいおまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

審査が通りやすいおまとめローンを提供している金融機関では自社のホームページで返済シミュレーションを行えるコーナーを設置しています。

金融機関の金利や借入額を入力するだけで審査が通りやすいおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行の審査が通りやすいおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますが審査が通りやすいおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高い人ほど適用金利は下げられますから審査が通りやすいおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

そのため、審査が通りやすいおまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。

Copyright (C) 2014 審査が通りやすいおまとめローンのメリットとデメリット【いくらまで借りれる?】 All Rights Reserved.