審査が通りやすいおまとめローンのメリットとデメリット【いくらまで借りれる?】

おまとめローンを使って複数の借金を一つにおまとめませんか?審査が通りやすいおまとめローンをお探しの方へ利用する際の流れや注意点を解説します。

住宅ローンを組む際にカードローンを利

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

複数の金融機関より借金をしているという多重債務者の場合はおまとめローンで借入先を1つにまとめることが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますので優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。

おまとめローンの審査でつまづいている人は通らない理由を業者に聞いても教えてもらうことはできません。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり各項目に問題が無ければ審査通過の可能性は大きいです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

おまとめローンは頻繁に利用するものではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問は金融機関のHP上にある「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いので審査が通りやすいおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

審査が通りやすいおまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

おまとめローンは複数の借入れ先を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば返済総額を増やすことなく、毎月の返済も楽にすることが可能になります。

審査が通りやすいおまとめローンを組む際に最も簡単な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

自宅からなら気兼ねなく申し込みができますし、対面作業ではないので、安心して申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますが契約手続きまで行う事ができるのはweb完結です。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますので審査が通りやすいおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

おまとめローンのサービスがある金融機関では自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

現在、利用しているローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融と比べて銀行の審査が通りやすいおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

Copyright (C) 2014 審査が通りやすいおまとめローンのメリットとデメリット【いくらまで借りれる?】 All Rights Reserved.