審査が通りやすいおまとめローンのメリットとデメリット【いくらまで借りれる?】

おまとめローンを使って複数の借金を一つにおまとめませんか?審査が通りやすいおまとめローンをお探しの方へ利用する際の流れや注意点を解説します。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化でき

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

審査が通りやすいおまとめローンは複数の借入れを1本化できるので借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

メリットが多く効率的な審査が通りやすいおまとめローンなのですがデメリットも多くありますから、あらかじめ調べることが大切です。

審査が通りやすいおまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、これら全て問題が無いと判断されれば審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

マイカーローンの返済中に給与が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行が提供している審査が通りやすいおまとめローンならその方向性でも問題ないと思うのですが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

又、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンは複数社から借り入れていた借金を1つにまとめるためのローンで月々の返済額を低くすることができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますので審査が通りやすいおまとめローンで高い与信限度額が承認されれば、現在よりも低金利で借り入れられることになります。

そのため、審査が通りやすいおまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とは新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが貸付利率は7.7%〜18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社までなら安心ですがアウトな人の救済策を考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから利用可能額をかき集めて返済できるローンを完済してしまいましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

審査が通りやすいおまとめローンの審査落ちした人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますがそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収が低い人でも借入れ総額との兼ね合いによっては問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり公務員や大企業の社員なら信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

おまとめローンとは複数の金融機関から借り入れをしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというのは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れることで今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなくおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

Copyright (C) 2014 審査が通りやすいおまとめローンのメリットとデメリット【いくらまで借りれる?】 All Rights Reserved.