プロペシアとは?

プロペシアとは傾向で服用するタイプの、非常に強力な効力を持つ育毛剤です。

本来プロペシアは、前立腺肥大の治療薬として開発されていた薬品の副産物として誕生したという経緯があります。

1991年にアメリカで、フィナステリドの研究が大掛かりに開始されました。

この結果前立腺肥大の治療薬「プロスカー」が誕生しましたが、同時にこの薬剤で男性型脱毛症(AGA)にも効果があることがわかり、1997年になってFDA(アメリカ食品医療品局)より男性型脱毛症の治療薬として認可されました。

日本での認可は2005年となっています。

実はプロペシア自体に発毛作用はないということになっています。

しかし臨床的なデータでは、この薬を服用した多くの患者で発毛効果が見られたと言います。

現在プロペシアは全世界の60ヶ国以上で販売されており、現時点で臨床的に発毛効果が確認されている成分はこのプロペシアとミノキシジルの2種類だけとなっています。

男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが毛根部分を阻害することによって発生しますが、プロペシアに含まれるフィナステリドはこのジヒドロテストステロンに直接働きかけて男性型脱毛症を軽減することができるのです。

これにより頭髪が生え変わるサイクルが元どおりに行われることになり、健全な発毛が可能となります。

プロペシアは臨床的なデータに基づいた薬品である点や、その効果の高さから世界最強の育毛剤とまで呼ばれています。