元利定額リボルビングシステムって何?

リボルビング払いには2種類の返済方式があり、その1つが元利定額リボルビングシステムです。

元利定額リボルビングシステムとは、支払うべき元金と利息を合わせた毎月の最低返済金額が一定になるよう設定されたキャッシング方式です。

例えば、借入金が50万円でも100万円でも、最低返済額が1万円と設定されれば、借入額の大きさに係わらず毎月1万円を返済すれば良いのです。

元利定額リボルビングシステムの大きな特徴は、決められた限度額の範囲内なら何度でも繰り返し利用できることです。

また、毎月1万円を支払うだけではなく、返済額に余裕ができた場合は一部繰上返済と同じように、多めに返済したり、一括返済することもできます。

尚、元利返済方式の種類として、残高スライド元利定額返済方式と呼ばれるものもあります。

こちらは、元利定額リボルビングシステムとは異なりは、残高により約定返済額がスライドするキャッシング方式です。

例えば、借入残高が500,001円以上の場合の最低返済額2万円、50万円円以下になると最低返済額が1万円になるという仕組みです。

元利定額リボルビングシステムと同じように、残高を早く減らしてしまうことで、支払利息を小さくすることができます。

そのため、返済資金に余裕ができた時は多めに返済したり、一括返済することもできます。

尚、どちらの元利返済方式を利用すれば支払総額全体が小さくなるか、借り入れる前にしっかりとシミュレーションするようにしましょう。